豚がすごい!!ラーメン雷でセカンドインパクトを食べてみた

ラーメン

二郎系ラーメンを調べているとセカンドインパクトという名前のメニューがあるお店を見つけた。

某ロボアニメに出てくるような衝撃的な名前のメニューだが、実物はどんなものか実食してみたくお店に向かった。

スポンサーリンク

基本情報

住所   仙台市青葉区双葉ケ丘1-46

営業時間 11時~22時(中休みはなし)

定休日  不定休

駐車場  店前に4台 店の後ろの敷地に8台

席    カウンター:8席 座敷あり

メニュー

休日の12時昼時に伺うと、ちょうど満席手前に滑り込めた。
駐車場は裏のところに2台空きがある状況であった。

メニューの左上の目立つところにお目当ての「セカンドインパクト」があった

よく見ると「ブラックインパクト」や「ゼロインパクト」・右下にはなんと「ラストインパクト」というメニューがあるではないか。

どんな味なのか興味あるが、まずはセカンドインパクトから食することにしよう。

テイクアウト情報

テイクアウトもあるようだ。メニューは下記である。

・セカンドインパクト
家では麺を茹でるのとスープを温めるだけで食べられるようだ。

・まぜそば
こちらは調理済みで提供のため、すぐに喫食可能だ。

・チャーチャーチャーハン
面白い名前のメニューである。炙りチャーシューとバラチャーシューを使ったチャーハンとのこと。400g以上とかなりのボリュームがある。

食券購入 & 卓上調味料

食券はお目当てのセカンドインパクト880円を購入。

食券は印刷した紙が出てきて、一緒にサービス券も添付されていた。

席に通されると食券を渡し、その際にトッピングの有無を聞かれるので答えよう。
・野菜
・にんにく
・脂
全てマシマシまで対応可能だ。初訪問のため「全てマシ」でオーダーした。

セカンドインパクトは豚を厚切り1枚でもらうか、薄切り2枚か選ぶことができる。
僕は厚切り1枚でお願いした。

卓上調味料
・お酢
・ラー油
・ごましお
・唐辛子

水は着席と同時に配膳され、水のポットは席においてあった。

卓上には取扱説明書というものがおいてあった。

まさに某ロボアニメと同じデザインだ。

紅ショウガの無料トッピングがあったが、初訪問のため自粛。
ヤサイオニマシも+100円で可能だ。

ゼロインパクトは説明書を読む限りまぜそばなのだろうか。次回のお楽しみにしよう。

着丼 & 実食

これはすごい!! 厚切り1枚でお願いした豚が半端ない。

まさにセカンドインパクトの名前にふさわしい豚である。

とりわけ用の小丼とレンゲ・付属ダレは配膳時に運ばれてきたのは嬉しい。

横からもドン! 豚の大きさもだが厚みも2cmくらいはあるだろう。


野菜から摂取
野菜は炒められており、熱々だ。付属ダレをかけて食べるとうまい。
盛り具合は二郎仙台のマシコールと同じくらいだろうか。心地よい量だ。

にんにく
マシのオーダーだが、二郎でマシマシ相当の量が入っていた。
にんにく好きには堪らない。
但し、食後に人と会う場合は注意が必要な量だ。


白い雪のように野菜上部にトッピング。甘めであり野菜と絡めて食べると旨い。


圧倒的な存在感の豚は少しカタメだが、ワイルドに噛みついて食べれば問題なし!
小食の方はこの豚1枚だけでお腹が満たされそうだ。

スープ
お店の中に書かれていたが、味は味噌味ベースのスープである。公式Twitterをみると、元々は札幌G系ラーメンスタイルとのこと。みそラーメンに炒めた野菜は絶妙に合う。


太麺ストレートの麺だ。見た目が二郎系のため、一瞬戸惑うがみそラーメンと分かればスープに絡み味旨さがわかる。

感想

セカンドインパクトの感想は神豚の味噌ラーメンだった。

当初は二郎系ラーメンを検索して見つけたのだが、これはこれで旨い。

味噌味でがっつり二郎系が食べたいときには是非食べてほしい。

次回は未食にゼロインパクトを食べてみようと思う。

ご馳走様でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました