極太すぎる中華そば「麺屋58」にて中華そば大を実食

ラーメン

会社帰りのよく通る愛宕上杉通りにある「麺屋58」さん。

数年前に沖縄地区の営業担当だったころ、沖縄の大動脈は国道58号線でした。
来る日も来る日も58号線をひた走っていたのはいい思い出です。

急に沖縄が懐かしくなり、58という繋がりだけで麺屋58へ突撃してきました。

まじまじとお店前で撮影して気付いたのですが、
店名の読み方が「ゴッパチ」、沖縄でも「ゴッパチ」と言っていたのでそのままやん!
と一人つっこみしてしまいました。

脱線してしまいましたが、メニューは沖縄となんも関係のない極太背脂中華そばを実食してきましたので、その実食レポートを記載します。

スポンサーリンク

麺屋58の基本情報

営業時間 月~土:11時~15時 17時~24時

     日曜日:11時~15時

店休日  不定休

場所  宮城県仙台市青葉区錦町1-3-5

最寄り 勾当台駅から徒歩6分程

駐車場 なし(近くにコインP有り)

席  カウンター席13席

当日は日曜日の12時ちょっと前。空席少しありましたが、僕が入店後に続々来店し待ち状態となっておりました。

食券機とメニュー

食券機です。メニューはかなり豊富にあり、ランチセットもあります。

主な商材のメニュー表です。

あっさり系鶏中華
・あっさり鶏中華そば 並 750円
・あっさり鶏中華そば 大 850円

ドロドロ系鶏白湯

・こってり中華そば 並  850円
・こってり中華そば 大  950円

あっさりスープに背脂チャッチャ
・極太背脂中華そば 並 850円
・極太背脂中華そば 大 950円 ←本日購入の食券

貝の生命力を感じる一杯
・貝だし中華そば 並 800円
・貝だし中華そば 大 900円

※麺量は並で茹で前150g、大で茹で前225gとなってます。

その他麺類
・油そば    700円
・台湾まぜそば 800円

※油そば、台湾まぜそばは麺量並・中・大から選択可能

事前下調べもせずに行ったため、どれがお勧めかわからず、
いつもの様に極太麺があるものを選択しました。

無料トッピングは後からの追加が可能です。
・おろしにんにく
・きざみにんにく
・辛し味噌
・魚粉

卓上調味料と備品

卓上調味料は以下の通り
・お酢
・ラー油
・ブラックペッパー
・ホワイトペッパー

卓上の備品はつまようじ・レンゲ・割りばし、お水は着席時に提供されます。

着丼&実食

食券購入から10分程で着丼!!

トッピングは下記が入ってました。
・チャーシュー
・メンマ
・ネギ
・乾燥海苔

スープ
こってり背脂が浮いているスープですが、意外にもあっさりしたスープでした。

魚介系の味が効いて旨いです。


メニュー名の極太に恥じない超極太麺!!中華そばでここまで太いのは初めてです。

麺は自家製麺とのことで、カタメに茹でられておりワシワシ感がすごいです。

乾燥のり
ラーメン屋さん全体を見ても珍しいと思う乾燥のりのトッピング。
スープに浸して、麺と絡ませて食べるとちょうど良いアクセントになりました。
家系の一枚のりとは違い、麺に絡ませるという別の楽しみ方ができます。

チャーシューは厚めのものが1枚ドーンと入ってました。

かなり煮込まれているようでちょいしょっぱ目ですが、ほろほろ感がありました。

半分ほど食べ進めたところで、無料の辛し味噌を頼んでみました。

大さじ一杯程でしょうか、躊躇なく丼に投入します。

あっさりでしたが、辛し味噌を入れたころにより、ガツンとくるスープに大変身!!

これがめっちゃ旨かったです。

感想など

辛し味噌でブーストがかかり、瞬く間に完食!!

背脂がかなりの量投入されており、麺と絡めてだいぶ食べたのですがかなり残ってしまいました。

健康を考慮してこれ以上飲むのは止めましたが、完飲できるくらい癖になる味でした。

名前に懐かしさを覚え入店しましたが、店員さんの接客も良くいいお店でした。

意外にも卵かけご飯が押しとお店の壁に貼ってあったので、次回はそれも頼もうと思います。

ご馳走様でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました