ラーメン鬼首で「煮干アブラそば+限定コリコリ」を食べてみた

ラーメン

ラーメン鬼首でまたしても限定トッピングを販売するとTwitterにて情報あり。
その名は「コリコリ」とのこと

先日の限定トッピング「朝鮮」が早々完売してしまい、
それにありつけなかった方へどうぞとのことだ。

前回「朝鮮トッピング」のレポート←よろしかったらどうぞ♪

はたしてコリコリとはどんなトッピングなのか、この記事はコリコリを食したレポとなります

スポンサーリンク

ラーメン鬼首の基本情報

場所    東照宮駅から徒歩7分ほど

営業時間   昼間 11時30分~14時   
      夕方 17時~21時

定休日   日曜日・祝日

駐車場   昼間 店の前:4台(隣の焼肉屋の前も可) 店の裏:8台
      夕方 店の前:2台(隣の焼肉屋の前は不可)店の裏:8台 

席数    カウンター20席

備品    水・レンゲ・つまようじはセルフのため、食券購入後に準備しよう

※コロナ対策で席には仕切りができてます。

コリコリの情報&食券購入

訪問はコリコリ発売の10日の12時過ぎころでした。

すでに店内待ち席まで満席で、外並びに接続。その後も列は長くなってました。

列に並ぶ前に食券の購入です。

食券機全体の画像、左上にコリコリの文字が・・・!!

拡大画像!!

親鶏のコリコリと書かれてます。
擬声語から推測するに、鶏のホルモン系なのだろうか。

期待が膨らみます。

限定のスペースにコリコリ80円の食券を発見!!

本日は仕事の昼食の為、煮干のアブラそば300g+コリコリを購入。

本当はにんにくマシマシにしたかったのですが、午後は打ち合わせの為泣く泣く断念。

その後15分程して席が空き、いよいよ着席です。

着丼!!実食!!!

煮干アブラそばのため、コールはなく、静かに着丼!!

おぉ!! コリコリとは鶏を煮込んだ旨そうな肉切れでした!!

横の神豚の面積と同様に幅を利かせています!

コリコリのどアップ画像!!

しっかり煮込まれているようです。

食感はかなりカタメですが、その分味が染み込んでおりウマウマでした!!

いつもの神豚。本日も柔らかくてとろける旨さ!

煮干あぶらそばの麺です!!

麺自体はいつもの豚ラーメンと同様の極太麺ですが、あぶらそばもまた旨し!!

早々と追い飯をもらいました。

そしてコリコリをオン! ミニ鶏丼として食すとこれまた最高でした

終わりに

あっという間に完食してしまいました。

お昼の為300gで済ませましたが、やはり400g+マシマシが恋しい・・・

限定のコリコリは間違いなく大当たりでした!!

鬼首の限定は外れ無しで、毎度わくわくさせられます♪

このトッピングはいつまであるのだろうか、、、次回も楽しみにしたいと思います。

ご馳走様でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました